旅行するならどこがおすすめ?

ミャンマーやマレーシアなど、社会人になってからの旅行って楽しい!

旅行だったら国内と国外のどこが好きですか?ミャンマーやマレーシアなどのアジア、イタリアやスペインなどのヨーロッパなど、魅力的な国は多いです。

ゴールデンウィークに特大ステーキを頂く!

今年で最後になりそうな旅行

第六感が働いた体験談

本当の一人旅

突然現れたスーパーマン!

【ミャンマー在住者もオススメ!】ミャンマーを旅先ととしてオススメする5つの理由

旅行代理店さんを訪れた時に、ミャンマー旅行というのはあまり見かけません。しかし実は旅行先としてこれほど日本人に向いている国はないと思います。それではその理由を見てみましょう。①治安がとても良いです。ミャンマーは仏教の国。国民の約90%が敬虔な仏教徒です。心優しく礼儀正しい国民性で、人を助け、お互いを思いやる気持ちが強いのがミャンマー人なのです。ですから「治安」がとても良く女性の一人旅も安心です。②食べ物が美味しいです。ミャンマー料理は日本人の口にも良く合います。ミャンマーでしか味わえないミャンマー料理を堪能してみてください。③パワースポットがたくさんあります。特にミャンマーの玄関口、ヤンゴン市内にあるシュエダゴンパゴダと言うお寺はどんな時にも黄金色に輝き続け、ミャンマーの仏教徒達の心の拠り所となっています。私も週に一度は行きますが、その美しさは何度見てもハッとさせられます。まさに息を飲む体験です。④日本からのアクセスがとても良いです。成田空港から直航便が出ている他、日本の主要な空港からはバンコク経由でヤンゴン入りする便も充実しています。⑤ミャンマー人は日本人が大好きです。ミャンマーは親日国。日本人が好きなのに日本人が少ないので、とても大切にしてくれますし、旅行中にトラブルに巻き込まれても一生懸命助けてくれます。どうでしょうか?ぜひミャンマーにお越しください。お待ちしております。

マレーシアで笑顔の絶えない人々に接して、ふと思ったこと

旅行が好きでよく行くのですが、マレーシアに行った時のことが印象的でした。ツアー旅行でなく完全に個人旅行で行ったので、空港からホテルまでの送り迎えも、現地移動のバスなどもなく、ひたすら自分たちで歩くか電車などの公共交通機関を利用して移動していました。そんな中気づいたのですが、人々、特に女性がにこにこと私に微笑みかけてくれるのです。何か話しかけてくるわけではありません。しかし、ただ静かに笑顔を湛えながらこちらを見つめられると、思わずこちらも表情が緩んでしまい、思わずにっこりとほほ笑んでしまいました。バスや電車を降りるときには、その女性と私とでお互いに笑顔で会釈さえしました。日本人旅行者が不慣れな感じで電車に乗っているのが珍しかったのかもしれません。しかし行く先々で同じように微笑みかけられ、その場が和やかな感じになるのは悪い気がしません。旅の初日からそうでしたが、数日たつころにはすっかり外出先で笑顔になるのも慣れ、なんだかこの国は居心地がいいなあとまで思うようになりました。ふと、日本の公共交通機関を思い出しました。皆さん疲れたような顔をしてなんだかぎすぎすした印象ですし、他人に笑顔を向ける人などいません。その光景を思い出すだけで疲れてしまいました。普段気づかないけれど、私たちはずいぶん殺伐とした社会の中で暮らしているのかもしれないと、外国にきてふと気づかされた瞬間でした。ウェディングドレスの準備はいつから?

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー